コーティングやステッカーで車改装|好きな塗装で改造カーニバル

車

期限を超えても大丈夫

車検切れで走行する方法

ほとんどの場合は、車検切れの車は廃車にしてしまうか売却してしまうことになりますが、仮に廃車にしていても車両本体を保有している場合には、ある方法を利用することで堂々と公道を走行することが可能になります。 本来、公道を走行する車は車検を取っていることが必須となりますが、『仮ナンバー』を利用すると車検切れの車でも問題なく走行させることが出来ます。ただし、車検は必要なくとも自賠責保険には加入する必要があるので注意してください。自賠責保険は加入期間を任意で選択できるため、最も安いものであれば数千円程度の費用で加入することも出来ますし、長い期間に加入して必要に応じて仮ナンバーを利用して車検切れの車を活用するということも可能です。

使途に合わせて活用する

例えば、サーキット走行をするドライバーの中には専用車両を保有している方が大勢います。その方たちが皆サーキット用の車両にも車検を取っているわけではなく、自賠責保険だけに加入して仮ナンバーを利用してサーキットまで走行しているという方法を取っています。この方法であれば何の問題もなく車検切れの車を走行させることが出来ますし、余計なコストを抑えることも出来ます。 車検切れの車を保有している方と言うのは、そもそも車を使うこと自体が少ない方が多いですので「必要な時に仮ナンバーを利用する」と言う方法を取ることで余計な維持費を削減することが出来便利です。ただし、毎回仮ナンバーを取得する手間はかかってしまいますので注意が必要です。